エディターで例を表示します

例の編集結果は以下のチュートリアルと若干異なります。

以下のチュートリアルでは、オフィスのマスコットであるマイロが愛らしい子犬だった頃の粒子の粗い携帯電話の写真から、背景を除去します。

1. 画像のアップロード

2. 前景 のマーク

緑のツール を使って、前景の一部をマークします。

マークが前景の中に十分収まるようにして、マークし過ぎないようにしてください。

チュートリアル画像
元 + マーク
結果

3. 背景 のマーク

赤ツール を使って背景の一部をマークします。

マークが背景の中に十分収まるようにして、マークし過ぎないようにしてください。

チュートリアル画像
元 + マーク
結果

4. 点検および修正

ズームインして結果を点検し、必要に応じてタッチアップマークを施します。

スカルペル を使って問題のあるエッジを修正します。

境界をまたぐマークを消去 します

いつでも残念な編集は 元に戻す ことができ、あるいは 編集 クリア ですべてのマークを消去して初めからやり直すことができます。

矢印(左の画像)は、タッチアップマークが加えられた場所を示します。

チュートリアル画像
元 + マーク
結果

結果の調整 オプション

ドロップシャドウ、色調整、結果のトリミング、背景色の変更などの仕上げ処理を加えることにより、結果に味付けします。

エッジを、スムージング、フェザリング、オフセットなどで好みに合わせることもできます。

6. 結果のダウンロード

を交互に繰り返す

画像をクリップする最も簡単な方法は、 を交互に繰り返し、アルゴリズムにより多くのマークが必要なののはどこかとのフィードバックを示させることです。

スペースバー を使用して および を交互に切り替えます

境界をまたぐマーク の消去

アルゴリズムにエッジを正確に認識させるには、スペースを空けてください。 は決して接触させてはなりません。

境界の細部の制御には、 スカルペル を使用します。

マークしたものは、完全に結果に残るか、完全に除去されるかのいずれかです。 したがって、線の外側にはみ出さないことが重要です。はみ出したら結果は間違いなくおかしくなります。

=100% 前景 = 結果に 必ず完全に残る
=100% 背景 = 結果から 必ず完全に除去
マークなし =アルゴリズムが判断 =アルゴリズムが正確にエッジを判断できるよう、スペースを空けます

および のマークは互いに決して接触させてはなりません

2 つの種類の問題があります。境界をまたがるマーク および マークの不足です。

修正方法はいつでも同じです。線をまたぐマークを消去 し、不足している 前景 および 背景マークを追加します。

いつでも、残念な編集は 元に戻すことができます。あるいは、消去 ですべてのマークを消去して初めからやり直すことができます。

線の内側に留まる

前景の外にうっかり緑をマークしないでください。背景が結果に引っ張り込まれます。

同様に、前景にうっかり赤をマークしないでください。前景が結果から除去されます。

境界をまたぐマークを消去 します

チュートリアル画像
元 + マーク
結果
×
×

×

チュートリアル画像
元 + マーク
結果

すべての部分をマーク

ときに、背景の一部が前景の中に含まれることがあります。

その部分は、一つずつマークしなければなりません。

チュートリアル画像
元 + マーク
結果
×

×

チュートリアル画像
元 + マーク
結果

ハイライトしない

緑 / 赤のツールはハイライターではありません。ハイライターのように使用すると、惨めな結果がもたらされます。

チュートリアル画像
元 + マーク
結果

×


プリトリミング

画像サイズがアクティブサイズ制限を超えています。 最高の結果を得るには、ご希望の領域を残して画像のトリミングを行ってください。


サイズ制限


元の画像

サイズ:
アスペクト比:
メガピクセル:

トリミングされた画像

サイズ:
アスペクト比:
メガピクセル:
トリミングされた画像は、サイズ制限を超えており、制限に合わせて縮小されます。
サイズ制限に適合しています。解像度が完全に維持されます。

Javascript エラー:-(


この問題の修正を図ってください!