エッジの微調整

ノイズが多く低コントラストまたは境界がぼやけた画像は、ぎざぎざな結果を生じることがあります。 After you’ve used the Scalpel, adjust further with the Edges: menu to deal with this. This video will walk through both the automatic and the customizable ways Clipping Magic handles the edges of your subject. Then read about each one in full detail below!


エッジの微調整機能

エッジガード自動エッジ詳細復元

Clipping Magic には、エッジに沿った自動詳細復元機能があります。 これによって、クリッピング境界はより自然に見え、アルファマスクを適用するだけよりはるかに良好な結果を生み出します。

エッジガードは、オフセットが 0(デフォルト)のときのみ使用できます。


ハロースクラバー自動ハロー除去

ほとんどの画像では、背景色が少し前景に滲み出ています。 背景を画像から取り除くと、これによって特に画像が新しい背景に置かれた場合にクリッピング境界がおかしく見えます。 Clipping Magic は自動的にこのハローを検出して除去し、クリッピング境界をオフセットすることによる形状の歪みを起こさずにクリーンな結果を生み出します。


コーナーガードより明瞭な結果を生み出すための自動コーナー検出

Clipping Magic は、自動コーナー検出を備えており、多くのスムージングが適用されていても、明瞭で美しい結果を生み出すことができます。この機能はデフォルトでオン状態ですが、必要に応じてオフにすることもできます。

元 + マーク

コーナー:
オリジナルのチュートリアル画像とマーク

結果

チュートリアル画像の結果

元 + マーク

コーナー:
オリジナルのチュートリアル画像とマーク

結果

チュートリアル画像の結果

スムージングぎざぎざのクリッピングパスの処理

通常、ぎざぎざを十分除去できる程度の最低のスムージング設定を行います。 これは、輪郭を保ち、検出されなかったコーナーを不必要に丸めてしまうことを避けるためです。

スマートスムージングは、前景の各部の特徴に合わせてスムージングレベルを調節します。したがって、シャープなエッジはそれに従い、あいまいなエッジにはより強いスムージングを適用します。

固定スムージング は、ユーザー指定のスムージングレベルを全境界にわたって使用します。

スマートスムージングおよび 1 の設定で通常、美しい前景の境界線を作ることができます。しかしながら、最適な設定は特定の画像によって異なります。

スムージングの効果を最大に発揮するには、コーナー検出をオフにする必要があるかも知れません。そうしないとコーナー機能によって多角形になってしまいます。

元 + マーク

スムージングレベル: 1
オリジナルのチュートリアル画像とマーク

結果

チュートリアル画像の結果

元 + マーク

スムージングレベル: 0
オリジナルのチュートリアル画像とマーク

結果

チュートリアル画像の結果

元 + マーク

スムージングレベル: 2
オリジナルのチュートリアル画像とマーク

結果

チュートリアル画像の結果

元 + マーク

スムージングレベル: 5
オリジナルのチュートリアル画像とマーク

結果

チュートリアル画像の結果

コーナーマーク過度にスムージングされたコーナーの復元

コーナーによっては、アルゴリズムいによって検出されないこともあり、あるいはコーナー検出昨日がオフとなっていることもあります。 また、ときには画像に高レベルのスムージング設定が必要となり、検出されなかったコーナーが丸められることがあります。 これらのコーナーに、緑 / 赤キーマークを追加することで、コーナーを再現するクリッピングパスを強制することができます。

×

元 + マーク

コーナー:
オリジナルのチュートリアル画像とマーク

×

結果

チュートリアル画像の結果

元 + マーク

コーナー:
オリジナルのチュートリアル画像とマーク

結果

チュートリアル画像の結果

フェザリング半径よりソフトな境界、より少ないハロー

フェザリング半径では、完全に不透明な前景と完全に透明な背景との遷移にいくつのピクセルを使用するかを制御することができます。 小さな半径は、シャープなエッジを形成し、堅いオブジェクトに適しています。 大きな半径はソフトな外見を与え、特定の布製品やその他のソフトまたはあいまいなオブジェクトに適しています。

通常、アルゴリズムはいわゆる「ハロー」(背景が前景に滲む)と呼ばれるもので汚染されていないクリーンな前景を作り出しますが、ひどい場合はフェザリング半径が役立ちます。

スマートフェザリングは、前景の各部の特徴に併せてフェザリング半径を調節するので、シャープなエッジはシャープなまま、あいまいなエッジはあいまいなままに保たれます。 前景のエッジに沿ってさまざまなレベルの焦点のぼやけがある写真に最適です。

固定フェザリング は、ユーザー指定のフェザリング半径を全境界にわたって使用します。

スマートフェザリングおよび 1px の設定は通常、非常に忠実な前景境界の再現を達成するので、推奨される設定です。

以下は、説明のためのサンプル事例です。

元 + マーク

フェザリング半径: 1
オリジナルのチュートリアル画像とマーク

結果

チュートリアル画像の結果

元 + マーク

フェザリング半径: 3
オリジナルのチュートリアル画像とマーク

結果

チュートリアル画像の結果

元 + マーク

フェザリング半径: 6
オリジナルのチュートリアル画像とマーク

結果

チュートリアル画像の結果

オフセット重度なハローのトリミング

通常、アルゴリズムは背景が前景に滲む、いわゆる「ハロー」と呼ばれるもので汚染されていないクリーンな前景を作り出します。 しかしながら、ひどい場合、または非常に小さなフェザリング半径が望まれる場合は、境界を内側にオフセットすることでハローを取り除くことができます。

最適な設定は、特定の画像およびその用途によって異なります。以下に、説明のためのサンプル事例を示します。

×

元 + マーク

フェザリング半径: 0.0px
オリジナルのチュートリアル画像とマーク

×

結果

チュートリアル画像の結果

元 + マーク

フェザリング半径: 2.0px
オリジナルのチュートリアル画像とマーク

結果

チュートリアル画像の結果

プリトリミング


画像サイズがアクティブサイズ制限を超えています。 最高の結果を得るには、ご希望の領域を残して画像のトリミングを行ってください。

アスペクト比の固定
サイズ制限

元の画像

サイズ:
アスペクト比:
メガピクセル:

トリミングされた画像

サイズ:
アスペクト比:
メガピクセル:

トリミングされた画像は、サイズ制限を超えており、制限に合わせて縮小されます。

サイズ制限に適合しています。解像度が完全に維持されます。