エディターで例を表示します

例の編集結果は以下のチュートリアルと若干異なります。

Clipping Magic は、素早い赤 / 緑マークと精緻なベクタースカルペルによる切り取りを組み合わせる独特の機能を提供します。エッジがあまりにもあいまいでノイズが多い画像など、どんな画像であっても、赤 / 緑のアルゴリズムが華麗に処理します。

切り取りを追加するには、スカルベル を選択して、切り取りたい場所にクリックおよびドラグします。 同じツールで切り取りを編集することもできます。

試してみてください。マウスオーバーによるインジケータでクリックしたらどうなるかのプレビューをご覧ください!

ヒント:切り取り線は控え目にします。 通常、画像の大部分のトリミングは赤/緑マークを使って行い、コントラストがはっきりしない部分のみ切り取り線を追加することで満足する結果が得られます。 画像全体にわたって切り取り線を入れたいと思うことは稀です。

切り取りを入れる

スカルペル を選択して、画像の中でクリックおよびドラグを行い、切り取り線を入れます。

中央のより暗いポイントをクリックおよびドラグすることで、曲線に曲げます。

切り取りの延長

切り取り線を延長するには、延長ゾーンまでクリックおよびドラグします。

ポイントを動かす

どのポイントもクリックおよびドラグで動かすことができます。

切り取り線はまず直線で現れます。端のポイントを動かすだけならずっと直線のままです。

元 + マーク
結果

ポイントの追加

暗いポイントの横にある緑のプラス記号をクリックすると、さらに 2 つのポイントを追加することができます。

この機能によって、長い切り取り線を引いた後、必要な所にポイントを追加してエッジに合わせることができるようになります。

元 + マーク
結果

ポイントの削除

削除したいポイントの横の赤い x をクリックします。

x にマウスオーバーすると、クリックしたときに起きる画像のプレビューを表示できます。赤の部分は削除され、緑の部分は残ります

元 + マーク
結果
元 + マーク
結果

切り取り線は交差させない

交差したスカルペルの切り取り線はグレー表示となり、無視されます。 切り取り線を動かして交差しないようにすれば、問題は解決します。

元 + マーク
結果

×

元 + マーク
結果


プリトリミング

画像サイズがアクティブサイズ制限を超えています。 最高の結果を得るには、ご希望の領域を残して画像のトリミングを行ってください。


サイズ制限


元の画像

サイズ:
アスペクト比:
メガピクセル:

トリミングされた画像

サイズ:
アスペクト比:
メガピクセル:
トリミングされた画像は、サイズ制限を超えており、制限に合わせて縮小されます。
サイズ制限に適合しています。解像度が完全に維持されます。

Javascript エラー:-(


この問題の修正を図ってください!