色消去モード

細部を保ちながら、迅速かつ簡単にロゴやその他のコンピュータグラフィクスから一定の色背景を削除することができます。

Clipping Magic の通常写真モードは、現実の被写体の広範にわたる写真に大きな効果を発揮します。 ただし、ロゴおよびその他のコンピュータ生成の作品では、特に小さいフォントテキストがある場合、色消去モードが効果的です。

色消去モードでは、Clipping Magic は画像内に存在しているさまざまな一様の色を特定します。 これらの色にマークすると、マークされた領域だけでなく、画像全体が対象になります。 通常では多くの小さな色の部分にそれぞれマークしなければなりませんが、この方法では一様な色の背景を簡単に消去することができます。

Clipping Magic は画像が色消去モードに適しているかどうかを自動的に検出してモード転換を行い、ただちに結果を生成します。

この結果がまさにユーザーが求めていたものの場合、そのままダウンロードに進むことができます。 もちろん、赤/緑のマークやスカルペルを使って必要な修正を加えることもできます。

通常、Clipping Magic は最適な処理を選択しますが、ときには色消去モードに転換された画像を通常写真モードで処理したくなる場合があります。 その場合は、編集メニューで簡単に転換し直すことができます。

通常写真モードと色消去モードのオプションは、Clipping Magic が色消去モードが適切であると自動的に検出した画像でのみ利用できます。

ヒントをクリップ:

写真をトリミングするだけなら、通常写真モードを新規画像のデフォルトに設定することができます。

プリトリミング


画像サイズがアクティブサイズ制限を超えています。 最高の結果を得るには、ご希望の領域を残して画像のトリミングを行ってください。

アスペクト比の固定
サイズ制限

元の画像

サイズ:
アスペクト比:
メガピクセル:

トリミングされた画像

サイズ:
アスペクト比:
メガピクセル:

トリミングされた画像は、サイズ制限を超えており、制限に合わせて縮小されます。

サイズ制限に適合しています。解像度が完全に維持されます。